異文化コミュニケーションを理解しあえる 真のグローバル企業を目指しませんか

コロナウイルス回復後の外国人対応~今だからこそできること~

コロナウイルスの感染拡大により4月7日には政府より緊急事態宣言が7都府県に発令されました。コロナウイルスは今や世界中で猛威をふるい続けており、医療崩壊はもちろん経済低迷が懸念されています。特に中国での発生当初からその後の海外からの入国制限などを含め、観光業を中心に宿泊業、飲食業などインバウンド需要のある業態が大打撃を受けました。また、東京オリンピックも1年延期となり、さらにこの先いつ収束するのか未知数なためインバウンド関連はほぼ壊滅的な状況です。

まずは、現場での感染症拡大の阻止やビジネスの継続、雇用の維持、そのための必要な各種支援の確保が急務となります。

今は大変厳しい時期でまだ未知数ですが、ウイルスは必ず終息します。終息すれば今までの反動で旅行業は大きな需要を生みます。バネも縮めば縮むほど反動が大きくなるのと同じです。今まで旅行に行くことができなかった人たちの反動が、来年の東京オリンピック開催、そして政府等の後押しも出てくることでしょう。

今だからこそ、コロナウイルス後の準備を改めて見直してみてはいかがでしょうか。終息後は今まで以上に外国人観光客は増えることでしょう。それに伴い多言語化の準備は必要です。特にこれからの多言語化を検討される企業様はまずは英語のみで進めることをおススメいたします。多くの国で英語を理解している外国人が非常にたくさんいますので最優先の言語として検討してみてください。以下に多言語化の必要がある項目をピックアップしましたのでご参考ください。

WEBサイトの多言語化を検討する

まずは、会社、お店の顔となるWEBサイトの英語化を検討されてはいかがでしょうか。世界中で外出禁止・自粛が進行していますので、普段以上にWEBサイト、SNSなどを利用する人が増えています。それにより今の時期はある意味であなたの会社・お店のPRする絶好のチャンスです。

多言語サイト(例えば英語)を作成することで、海外の外国人に対して事前にサービスやメッセージ、キャンペーンやおもてなしのマインドなど伝えることができ、会社・店舗、サービスなどを認知させることができます。認知させることでファン獲得につながり日本に来る際にあなたのサービスを利用する予備軍となります。

注意すべき点としましては、日本語サイトと同様の規模・内容で制作することです。皆さんの日本語サイトは今や集客ツールとなっていることでしょう。飲食店であればコンセプトやお店のこだわり、店主からのメッセージなど来店されるお客様に対しておもてなしの精神を前面に伝えていることでしょう。一方英語サイトは1ページだけであったり、翻訳が機械翻訳であったりと日本語サイトと差があるサイトをよく見受けます。

これは非常にもったいないことです。英語サイトはあなたのお店の外国人向けの営業マンの役割を果たしますので、外国人のお客様も日本人のお客様と同様に様々な情報をしっかり伝えなくてはなりません。少なくとも下記のポイントは抑えていただくことをおススメいたします。

  1. 日本語サイトと同様の内容、ボリューム
  2. 機械翻訳ではなく翻訳者による人的翻訳
  3. 英語ネイティブの外国人への校正

それ以外にもネイティブ外国人にキーワードやキャッチコピーなどを選定してもらうとより外国人ユーザーに対して効果的なサイトができます。常に外国人の目線で意識することが必要です。

多言語メニュー、指差し会話帳などの作成検討

まだまだ外国人対応を徹底している飲食店は少なくお店側も「インバウンド需要を取り込みたいが、外国語を話せないし、外国語メニューも置いておらず、十分な接客ができないので不安」と悩まれているところも多くあります。

接客まで完璧にこなすのは難しくてもまずは第一歩としてメニューの多言語化、最低限の接客用語の会話帳の作成をすることで、外国人が来店された際にも慌てず対応することができますし、外国人もケースごとの会話がわかれば安心して入店、オーダーすることができます。メニューに関してはできるだけ料理の写真や簡単な説明も添えるだけで効果は変わっていきます。(宗教上やアレルギーなどにより食べられない食材もありますので。)

「ポケトーク」などの音声翻訳機があるのも便利ですが、都度会話をやり取りしなくてはならないので、まずは外国人が直感的・視覚的に理解できる指差し会話帳、多言語メニューの検討が必須です。

まとめ

いずれにしましても、外国人の目線に立ち外国人がどうすれば安心して来店してくれるかを意識することが大事です。私たちが他の国へ旅行する際にも現地語だけよりも日本語や英語があるだけでそのお店に対する印象は大きく変わります。10年、20年見据えても外国人対応は企業の成長の大きなカギとなります。

多言語化に関するご相談はこちらから

Contact Form

外国人と日本人の新しいつながりを応援
Global Tree / グローバルツリー

↓↓多言語化PR「Language Free」、詳しくはこちらから↓↓