異文化コミュニケーションを理解しあえる 真のグローバル企業を目指しませんか

異文化コミュニケーション開発

伝わらなければ「無い」のと同じ

本当に大切なものが見えていますか?

いろんな人と出会うことで、たくさんの学びを得て欲しい。
感覚を研ぎ澄まし、本当に大事なことに気付くこれからの時代に相応しい人になって欲しいと心から思います。
伝わらなければ無いのと同じ。だからわたしたちグローバルツリーは、日本のグローバル化社会を視野に、経験と実績をフル活用して、現場で働く日本人の支えとなるサポートプログラムの開発を進めることを決意しました。

グローバルツリーというフラグを立てる理由

終身雇用という日本ならではの風習は、デキる人材とデキない人材の境界線が曖昧にしてしまい成長のペースを妨げてしまうような仕組みです。特にバブル崩壊後の日本では定年まで働けるその保証もなく、それに加えて定年退職の年齢が70歳まで引き上げる方針を表明し、その構造は働く高齢者を増やすことで人手不足を解消し、年金など社会保障制度の安定を図るものと位置づけられていますが要するに日本は法律で年をとっても働かないといけない国となったのです。注意しなければならないのは日本が期待する労働力となる実際の高齢の労働者たちは本来されるべき評価をされた人は極めて少なく、「勤続年数」こそ、その人材の価値や評価の大半をしめてしまっている消極的な世代であり既に貧困の差が生まれしまっている世代なのです。こうした世代に頼らないといけないという現実を重く受け止めている人がどのくらいいるものなのでしょうか。

人は年齢を重ねれば重ねるほど変化を受け入れにくくなり保身にまわる。現にグローバルツリーでカウンセリングした企業の6割が悪循環とみなす行為、不評はすべて現場の労働者ではなく高齢の経営者側に向けたアプローチへとなっています。グローバル化が進み、「ダイバーシティ」という言葉が流行ったのも数年前の出来事であり、しかし「日本では海外を知らない上司」が多く存在し多様性を飲み込むことができず、毎年新しい有能な人材を雇用しても活かしきれていないというのが現実です。

同じ人間であることを軸におき、個人の成長を促すことは企業成長への発展に繋がり、その人材は企業の財産になります。
ダイバーシティとは、多様な人材を活かし最大限の能力を発揮させるという思考。
「人種・性別・信仰」などにこだわらず、その人の能力を引き上げること認め合い、そして分かち合うということです。
わたしたちグローバルツリーは、日本の働く環境に新鮮な風を送り込み、外国人と日本人(日本企業)同士が新しい繋がりをもつことで誕生する日本の骨格ともなり得る新たなエネルギーを創り出したいのです!大好きな日本にそんな文化を根付かせて行きたいと思います。

外国人雇用が日本の成長を支える時代へ

人はそれぞれ価値観が違うものです。「外国人」という言葉ひとつあげてもその使い方、使われ方にいろいろな捉え方があるものです。普段当たり前に使っているこの言葉さえも、外国人という言葉を言われて疎外感を感じさせてしまうくらい影響の強いフレーズにもなったりするのです。グローバルツリーでは、たとえば文化の違いや母国語なのか、第二言語なのか、これらの違いによって関係に不具合があっても “ 解決 ” へ向けた指標を掲げていきたいと思います。

世の中には、日本へ訪れる外国人向けのカルチャースクールや、日本語を学ぶ外国人の為の日本語学校は数多く存在しています。では、このようなカルチャースクールや日本語学校で学んでいる、馴染もうと努力している外国人は、今の日本に満足できているのでしょうか!?

『外国人』『日本で働くこと』をキーワードとしたグローバルツリー独自の調査によると、外国人を受け入れる側の日本人、もしくは日本の企業の体制や人事教育そのもが、外国人に対しての理解と知識には遅れがあり、スキルのある外国人を活かしきれていないことがわかりました。ようするに、世界のスピードに日本は間に合っていないのです。体制がまだまだ整っていないのです。

「進化する『外国人』に対し、都合よく古い文化だけを守るのが日本人。」
「日本は、島国だから異文化の受け入れが遅れてる。」
日本にいる外国人の中には、こんな印象を持っている人たちがいるとも伺いました。
こんな意見が出てくるなんて日本人として悔しくて仕方ありません!

ですからグローバルツリーでは、外国人を受け入れる側の日本人のための異文化コミュニケーションをサポートし、さらには企業研修プランを構築することで実際に外国人を交えたビジネスでも真のリーダーとして日本人が活躍する職場環境を応援していきたいとそんな思いに至りました。日本の遅れを日本人がリーダとなり立て直すこと。さらには、日本に馴染もうと努力をしている外国人労働者を活かせるように、その現場で働く日本人にとって必要なサポートを目的としています。

世界は日本人の個性の成長を求めてきている

日本の未来予想図

  訪日観光客の増加 !

世界が注目する祭典 日本開催決定!

・2019年 ラグビーワールドカップ
・2020年 東京オリンピック/パラリンピック
・2025年 大阪万博

今『日本/JAPAN』が世界から熱い注目を集めています。国民総参加による夢と希望を分かち合うこのような国をあげての祭典づくりは、次世代に誇れるレガシーの創出と、世界への発信に取り組むべき足掛かりになり、日本は今大切な時代の節目にあたるのです。
文化を創造し享受し、日本文化の環境の中で生きる喜びを見出すことは我々日本人にとってどの時代でも変わらない願いであります。人々の心のつながりや相互に尊重しあう土壌の提供は、『多様性』を受け入れることのできる心豊かな社会を形成し、世界の平和にも寄与するものでなければならないのです。実質このような祭典ひとつひとつが多様な文化の振興はもとより、産業振興や海外展開、地方創生等への大いなる可能性を秘めた国づくりの一環にあたるのです。

 

在留外国人増加 !

2018年時点で263万人の在留外国人

2019年4月より入管法が改正され、新しい在留資格(特定技能)が誕生し政府は5年で30万人以上の外国人受け入れを見込んでいます。これは日本の人口約2%、日本居住する50人に1人が外国人と想定されおおよそ、大阪市の人口ほどの人数になります。

さらに日本人の人口減少が加速していき、労働者不足が顕著となるでしょう。日本のどの企業も有能な人材の確保が必要となるわけです。そしてインバウンドや日本企業のグローバル化は今以上に加速していくでしょう。そうなればなるほど、多くの企業がインターナショナルな人材を求めていくに違いありません。

外国人雇用がスタンダードな日本文化になることは、日本文化発展の一端を担っているのです。

上記で分かるように、とにかく数年後の日本の環境は劇的に変わるのです。指で数えることのできる数年先の未来のお話しです。日本に世界中のたくさんの外国人が訪れ、それを受け入れる体制がどうしても必要になるはずなのです。

あなたは、そのためになにか今準備していることありますか?
あなたの会社はどのような対策をし、企業はあなたを守ってくれるのでしょうか!?

前項でもお伝えしたように、国の制度は遅れている印象です。
在日外国人たちが満足しきれていないのですから。

外国人と共存していく日が日常的になることを想定してグローバルツリーでは、体、心身の健康のためジムへ行くような気持ちで参加できるトレーニングプランを各種開発を進めています。
わたしたちと共に、数年先の未来を一緒に描いていけるように頑張ってみませんか!?

外国人雇用受け入れセミナー

【研修セミナータイプ】

「伝授!外国人労働者への理解を深めるイノベーションガイドライン」

~外国人雇用は企業戦略のひとつ!コミュニケーション克服・アプローチ導入編 ~

外国人との基本原則を知り、柔軟に応用出来るようにする信頼関係を築くレクチャー。異文化コミュニケーションの多様化について理解を深めるスタートアップには丁度良い、日本人に向けての講習(または研修)どちらにも役立ちます。

イノベーションガイドライン概要 イノベーションガイドライン対象 イノベーションガイドライン質問 イノベーションガイドライン目的 イノベーションガイドラインまとめ
対象-日本で働く日本人、ビズネスパーソン

*職業職種問わずどんな分野の仕事でも興味があれば参加可能です。
*個人・チーム(複数人)どちらも可
*会場 グローバルツリーにて
*有料(予約/ 定員制)

*同業者の参加はお断りしています。 

ホームページ限定キャンペーン実施中!応募はクリック!

ホームページ限定キャンペーン実施中!

 1DAY ワークショップ

【研修・グループワークタイプ】

「実践!異文化コミュニケーショントレーニング」
~ 挑戦の先にある景色をみよう!人種差別のないチームビルディング研修 ~

異文化のコミュニケーションの壁を乗り越え、信頼しあえる強固なチームづくりがミッション。そして、組織のリーダーとしてチームの志気上げ、社内貢献できる真のリーダーとは何か?
日本のような高度に成長を満たされた社会でのリーダーの大きな役割のひとつは、ビジネスモデルを考え、創り、はじめること。インターナショナルなメンバーひとりひとりが最高のパフォーマンスを発揮できるチームづくりを目指し、多種多様な人たちを受け入れ、多種多様な人たちに日本人が受け入れられる異文化コミュニケーションの理解と思考の両トレーニングを行います。

対象-① 外国人1人以上が働いている企業、グループ団体
対象-② これからインターナショナルな人材の雇用を考える企業、グループ団体

*職業職種問わずどんな分野の仕事でも興味があれば実施可能です。
*企業、グループ団体様の参加に限る
*有料(予約制)
*会場 実施企業、グループ団体様側で手配

こんな方におススメです!

外国人をメンバーに含んだチーム
外国人スタッフを雇用している店舗
チームの志気を上げたいリーダー
異文化コミュニケーションを学びたい方

現場をデザインするカリキュラム。

人に纏わることのプロフェッショナル。

サービススキルトレーニングも含めて飲食業が最も得意な分野を中心に、100社を超えるグループ会社を持つITエンジニア派遣企業様の組織開発や営業スタッフのスキルトレーニング、エンジニアスタッフのマインドアップ研修を実施。その他にもホテルや、レストランを展開している企業や、音楽や映像など多岐にわたるコンテンツをプロデュースしている企業、年商100億円以上、従業員数約3,000人という大規模な日本のベンチマーク企業の管理職研修、チームビルディング、結果を出す組織醸成の講師・ファシリテーターとして活躍中!

講師:安藤 由美

ファシリテーションコンサルタント

 その他、
・現場で起こりうるエラー解析
・人材教育トレーニング。

・管理職トレーニング、管理職フォロー
・現場で必要な簡単な英語、簡単な日本語レッスン
・人事考課サポート

外国人雇用の環境下で、汗を流しがんばる日本人をサポートするプログラムを開発し販売しています。

外国人と日本人が成長し続けることができる職場環境

「こんなことお願いできますか?」

などの、ご意見あればグローバルツリーまで是非お便りお届けください。

「お問い合わせ」はメールフォームより随時受付けています。

外国人と日本人の新しいつながりを応援
Global Tree / グローバルツリー

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム