異文化コミュニケーションを理解しあえる 真のグローバル企業を目指しませんか

デジタル時代の常識!ビジネスマンの進化

便利さがもたらす影響

テクノロジーの発達により、身の回りの多くがデジタル化され、我々の暮らしや職場において便利さや効率化をもたらしています。
さらには、人工知能(AI)「より人間に近いことができるようになる」発達に大きな期待が寄せられています。

但し便利さが発達する反面、特に人工知能の発達により『人間のお仕事』が奪われるていくという、心配がおさまらない内容の記事をニュースやメディアでよく見かけるようになりました。人間が直接手をかけなくてもコンピューターがしてくれることは格段に増える一方で、しかしながら我が国日本では、少子化の波をしばらく止めることはできず、「働き方改革」が施行されても労働人口の減少は留まるところ見えず状態です。

ツールが変わればそれだけの理由と目的があるはず

そもそも仕事とは、どのように効率的に進めるか、アイデアを振り絞り、より良いものを生み出していくことです。中には「変化」することを極度に恐れる、嫌がる人もいますが、どんな理由でやらないにせよ、確実に「変化に対応できない」ということは遅れをとってしまうという切実な問題なので決して良い影響ではないのです。

世の中の時間の流れは、まるで川の水のようにどんどん流れていきます。デジタル化によりその速度はさらにスピードを増していったわけです。ここで大事なことは、ツールが変われば、人間(自分自身)のやり方も変わる必要があるということ。フレキシブルに世の中の変化に対応できる力がないと、AIどころか自分自身で仕事を失っていくことになります。決して『AI』のせいではないのです。

忘れないで下さい、人間は進化する動物です。「今まで」という価値観や常識だと思っていることの視点を変えてみてみれば新しいことに気がつくでしょう。そこに新しいビジネスを発見、仕事にできるようになればいいのです。

不安どころか、楽しさや期待しかないのです! 『AI』は人間の力によって、救世主となる時代が訪れます。「仕事をAIに取られる」というより「AIにできることは最大限任せ、人間にしかできないことをやる」という考え方の方が私は正しいのではないかと思っています。

 

そして、「変化・対応能力」といった観点でもう一つ、皆さんにお伝えしておきたいことがあります。
人間は年を重ねていく過程で、自分が歩んできた道を、自分自身で否定したくない、他人にも否定されたくないといった気持ちになる生き物です。否定されるのが嫌なのは、時代や年齢関係なく嫌なものですが、年を重ねる毎にその気持ちが強くなってしまうのです。そう、人の言うことを謙虚に聞けなくなる傾向、身の周りにも、「この人、頑固だな・・・」と感じる方、いらっしゃいませんか?(笑)

ちょっと近寄りがたいですよね。

仕事でも人間関係でもどのシーンでも、「謙虚さ」は、自分を大きく成長させてくれます。他人のためではなく、自分のためです。謙虚に話しを聞ける自分でいた方が、気持ちが良いものです。

(私も、歳をとっておばあちゃんになった時、若者のみんなに「可愛らしいおばあちゃんだね」って思ってもらいたいですから!笑)

変化を受け入れる、自分も変わる、そして相手の対応も必然と変わってくるということです。

みなさんも年取ってからも、周りのみんなに優しくしてもらいたいですよね。スーパーデジタル時代のおばあちゃんってどんな風になっているのだろう? 未来は楽しみしかないです!

ファシリテーションコンサルタントYACグローバルツリーファシリテーションコンサルタント 安藤由美

外国人と日本人の新しいつながりを応援Global Tree / グローバルツリー